読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

LOSA_ERIKAの日記

芸能界隈を素人が視た雑感を勝手に書き綴る内容。

櫻井翔の恋愛観。芸能人同士結婚と社会人との結婚。

お綺麗な方で良いじゃないか。小川彩佳アナウンサー。 堀北真希は出産したし、小林麻央はご覧の通り。櫻井翔も結構…精神的にも色々思う所があると考えるのが妥当だとは思うけれど。ただ、彼はアイドルなんだよね。きちんと報道番組に携わりながらもバラエテ…

高梨沙羅選手のお顔の変化を勝手に妄想してみた。

ノルディックスキー世界選手権 ジャンプ女子個人ノーマルヒルで、銅メダルの高梨沙羅選手。十分凄いよなあ。でも、この悔しさをバネに頑張ってほしい。メンテナンス代だってかかるんだし、稼がないと!! …という事で、私は、高梨沙羅選手は整形だと思ってい…

高畑淳子の息子、高畑裕太が性的暴行で逮捕

今年2月にこの親子についてブログを書いた。発達障害の様な態度や言動は、良い意味では無く「悪い意味で」今の彼では芸能界でも生き残りは厳しいだろう、というと言った内容だ。 前者の良い意味とは、栗原類やさかな君の様なタイプだ。能年玲奈改めのんちゃ…

北条かや氏が今一つ、パチモン臭い理由を考えてみた。

どこかで「勘違い女王・北条かや」と書かれてあったのを思い出した。 ついこの間まで「勘違い女王」は「はあちゅう」だったと思う。時代が変わったのかな? 私は、北条かや氏を全面的に批判する気にはなれない。何故なら彼女は知性派で売っているかもしれな…

とある商社マン(恐らく現在は40代?)のブログを読んで

たまたま通りすがりで読んだ。そこには、泥臭い仕事にもまれ激務に相当な心理的負荷がかかりながらも、周囲に対する人間関係においては、その人の信念や品性がキチンと伝わってくるような内容が書かれていた。 ・中途入社した中年社員が孤立していて、ちょっ…

サザエさんのノリスケは「クズではない」と脚本家が言う理由

headlines.yahoo.co.jp ノリスケの脚本家のいう「厚かましさ」を見て、世間(ネットユーザーから見て)クズという感覚になるという事は、やはり時代が変わったのだと思う。 時代に合わせない良さがあるのかもしれないけれど、時代が変わるにつれて民度が上が…

小林悠さんは、もう一般人だから。

アナウンサーはサラリーマンだから、とは私は言わない。公共の電波を使って、社とスポンサーの方針に沿った発言する役割を担う以上、少なくとも「世論大衆」の一部である一般人では無い事を自覚して、入社するから。だからと言って、極度な選民意識を持つよ…

山口智子を「出産しない(したくない)人間」にさせたトラウマが悪い

ってことでしょ? 人それぞれで、家庭は十人十色。産んでも産まなくても、女性の人生はそれぞれ。 そうじゃなくて、山口智子が「可哀想」なのは、両親の離婚によってトラウマを乗り越える事が出来ず、自分が「親」になるという選択肢を精神的に削除されてし…

ベッキーは(今後恐らく10年は)復帰しないと思う。た、多分。

さんまが、ベッキー枠について語った事だ。さんまは口が堅く、自分なりに「もうネタ晴らしをしても大丈夫だろう」「しがらみが無い」と確信するまで、その人の「あの時」を語らない。 さんまは、ベッキーが今まで、このキャラに至るまでにどんな苦労をしてき…

フリーの「ジャーナリスト」もピンキリ

大手新聞会社に十数年以上勤める間、賞をとったり、人望もあり、社内でそれなり以上にやり切って、それでも「会社」から出た方が取材するメリットが何かしら在って、会社や同業者から惜しまれつつ退職し、フリーになった人も居る。 その一方で、大手マスコミ…

はあちゅうのエリート意識

どこかで「はあちゅうは自分がエリート層だと思い込んでいる」という誰かの一文を読んだ事がある。 確かに、世間一般では中間層よりも上だと思うし、世論を形成する業界に居たから、決して非エリートではないと思う。 そこに所属していたのがほんの数年足ら…

高嶋ちさ子氏は毒親か 音楽家の親を持つという事とは

いわゆる「ゲーム機バキバキ事件」とかいう、親が子どもの躾の際に怒りの沸点に達して周りが見えなくなった状態の、あのバーサク形態。 それは、家庭内で起きた事。それを有名人が公の場で話してしまう事。 私は咄嗟に「ウケ狙いかな」と思った。ギャグギレ…

「おしゃれイズム」で高畑淳子と高畑裕太に観る生き方

発達障害かもしれない。それはもう、どこかズレてる所を見ると誰しも気づくし解る。母親である高畑淳子が息子の困ったエピソードは、巷でよく聞く 「うちの子全然いう事聞かないで~」 「この間なんて、こんな事してたんだけど」 みたいな、男子のあるある仰…

小保方氏に観る「自意識過剰」は他人事とは思えない。

理想的な研究者とは言えなかったかもしれない。ただ、情熱だけは高かった。他力本願の為の努力は惜しまなかったけれど、研究職として地道にコツコツと当たり前の努力は出来なかったのだろう。 ハッキリ言って、そういう旨味の上澄み部分だけ救い摂ってしっぺ…

「はあちゅう」という存在意義に違和感と社会

大げさなタイトルを打ってしまったけれど、気付いたベースでざっくりと。 とある記事を読んで、はあちゅう氏の黒歴史となった原因を知って、(商売なので多少編集で内容を盛ってあるとは思うけれど)成育過程や格差社会をしみじみ感じた。 努力してどうこう…

ベッキー妊娠してないか?

色々考えちゃうけど、やっぱり腑に落ちないことだらけなんだよなあ。 皆の擁護派から批判派に転身・だんまり・デヴィ夫人の意見・笑いに変えろ(開き直り芸人へ推進)等等…。 それにあの、タカが外れ過ぎるライン内容。あそこまで周りが見えない位の内容(意…

バビロンまつこの先駆け「よっこのエア日記」。

逮捕されたバビロンまつこの事を知ったのは、つい最近。キラキラ女子というカテゴリーに君臨していた女性だった、というざっくりした情報を知った。 彼女の事を色々ネットで読んでいく内に、あるブロガーを思い出した。 医師を目指していた「よっこ」という…

吉田豪氏のベッキーとのインタビュー内容と、ベッキーの本性

以前にも書いたけれど、私は彼のインタビューで話していた率直な感想と性格を疑う感想の2つ、つまり裏表を示唆していた事は見当違いでは無かったと思う。むしろ、近い所までカスってた。 でも、彼でさえ、そこまで突っ込めなかった、手強かったという事は、…

男性からみたベッキー(被害者として同情)、女性からみたベッキー(加害者として芸能界追放)、デヴィ夫人の意図

男性からしたら「ああ、ベッキー純粋に騙されちゃったな」と思うのだろうか。条件が整った多くの男性が女性を食い物にしている。某ブロガーが「セカンド牧場」と言っていた。男性から見てベッキーもセカンドの1人だったのに、ベッキーは自分が本命になれる…

デヴィ夫人がベッキーに贔屓にしてしまう理由

失うものも得るものも無い事からか、今までデヴィ夫人は思う存分、芸能界のアレコレを語ってきた。 ※デヴィ夫人については、日本人からは想像を絶する人生を命からがら生き抜いた事からの見解を、吉田豪氏がインタビューの様子を色々と某ラジオで語っていた…

センテンススプリング?あのラインは本物かどうかはさておき、あの程度の悪女は、条件さえ整えばゴマンといる。

本人か疑う理由は「センテンススプリング」という発言。彼女、英語をキチンと話せるタイプのハーフだよね? ハーフであろうと日本語だけ話せるタイプのハーフも沢山いるので。 帰国も同じ。海外で育ったからって現地の言葉がペラペラという訳ではないし。 文…

犬山紙子氏の転換点

どこかのサイトで、犬山紙子氏(以下、犬山氏)のインタビューを読んだ。 何だか人生の10か条なる様な自論を展開していた内容だったと思う。 その中で、「自分の身の程を知る」という様な項目があり、それについて自分のエピソードも交えて書かれていた。 …

イッテQの大島親方復帰と入院復帰したスギちゃんの共通点

ベッキーの事は色々思う所を過去に書いてきたので、今回は書かないのでご了承ください。タイトル通りです。 実力低下のまま復帰する事の悲劇。 イッテQの大島親方の存在意義 「ああ、時代が変わったんだな」と思いました。大島さんが復帰し現場に戻った存在…

SMAPのカラクリを何故、世間は知り得たの?ジャニーズ事務所が怖いファンたちのイジメの心理

SMAPに対する悶々とする思いは皆が既に書き綴っていると思うので、私は別方向から書いてみたいと思う。 そもそも、ジャニーズ事務所の派閥争いを知らなかったら、私達一般市民(世間)は、SMAPに対して同情や激励と言った形では無くて、突然の解散情報に「不…

昔の話。某IT企業のインターンシップで起きた出来事

今から4,5年前だったかな。某IT企業で初めてのインターンシップ制度を採り入れた。採用された学生さんは個性が異なる4名だ。大学のスペックもそれぞれ、質もそれぞれ。恐らく、全く学生の質が異なる4名が協力すると、意外な期待値を超える成果物が出来…

世間は全裸騒ぎで逮捕されたSMAP草なぎ君のケースとベッキーは同化できるか?

以前、SMAPの草彅君が逮捕された。ググれば出てくると思うけれど、私はあのニュースを見て「相当ストレスたまってたんだな」「酩酊で全裸って学生か。やってる事は一般人の(一部の)大学生と変わらないなあ」と、思ってた。けど、逮捕されるまで、相当な事…

追記有:吉田豪が言うベッキーと個人的に感じたベッキーについて色々

2016年は早々、ベッキーの話題でニュースをかっさらったと思う。北朝鮮の水爆実験の事も埋没したと思う。近隣諸国の国際情勢を上回るニュース。日本の芸能界(関係者各位や一部ファンなど)ベッキーという存在の大きさを感じずにはいられなかった。 ベッキー…

取り敢えず、体重を元に戻す。

やっぱり、素敵だなあ、と思うのは着物美人。 彼女は可愛らしいアラフォーで、茶髪、小柄で、背も低くて、着物の肩の所がダボダボなんだけど、胴や足はラインがスラっとしてて。上質な着物だってのが、観て解る位。 その為には、私の場合、肩幅の肉付き、背…