読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

LOSA_ERIKAの日記

芸能界隈を素人が視た雑感を勝手に書き綴る内容。

バビロンまつこの先駆け「よっこのエア日記」。

逮捕されたバビロンまつこの事を知ったのは、つい最近。キラキラ女子というカテゴリーに君臨していた女性だった、というざっくりした情報を知った。

彼女の事を色々ネットで読んでいく内に、あるブロガーを思い出した。

医師を目指していた「よっこ」という人だ。アメーバブログで書いていたと記憶している。

ブログのタイトルは、炎上の度にコロコロ変わっていて、はっきりとは思い出せないけれど、「元国際線CAで商社マン妻で医師を目指す日記」…みたいなタイトルだったと思う。

・今スタバで英語を勉強中

・パンが好き(ネットではヤマザキ春のパン祭りって言われてた)

・旦那さんの海外出張のお手伝い(元CAの割に、現地事情を知らない様な無知な身支度や荷物を準備)

・住んでるタワマンで夕焼け写真を添付(モデルルームの人達やお客さんがガラスに映ってる)

・銀座の本店で指輪を旦那さんと選んで、付けさせて貰った(何故か指輪に値札のタグとヒモが付いてる)

・ソムリエ講師のバイトとフラワーアレンジメントの講師バイト(医学部試験の勉強は)

などなど色々書かれていて、内容がどうも信憑性に欠ける、という事で、ネット上では「よっこのエア日記」と言われていた。

そもそも既婚者なのか。

医学部の授業のカリキュラムと学年がマッチしていない。

モデルハウスで撮った写真なのがガラスに反映されててバレバレ。

国際線CAの割に中学英語から勉強。

…などなど。それとは別に、ユニコーンが好きで、本人曰く「クラシカルな」自分の被写体画像まで、ツッコミを入れられてた。趣味とか外見に茶々を入れるのはちょっとかわいそうな気も。

ただ、ネットの人達曰く、彼女の言っている事は全て嘘と言う訳でも無くて、彼女が言う出生や出身地、母親の事をネット上で色々探り、血縁者を特定してしまった。(恐らく、だとは思うけれど、彼女のいう事が本当なら限りなく、この人物しかいない、と言った具合で。)※凄い情報収集能力だよなあ…色んな意味で。

詳細は省くけれど、その母親が本物だとして、よっこが何故「エア日記」を書きたい衝動にかられたのか解る気がする、みたいな論調もあった。

当時は「メンヘラおばさん」という言葉で片づけられていたけれど、多分、向上心が可笑しな方向に入って虚栄心が強くなり、承認欲求も強くなって、自己愛障害だったんじゃないかって、今の言葉で言うとそれに近しいのかな、と思う。

医学部の授業の一件で指摘を受ける前にも、彼女はどうやら何度も何度もブログのタイトルを変えて、エア日記を書き綴っていた。そして、ついに彼女と同じ大学・医学部・社会人コースとされる読者が「そんな授業は無いし、その教室の席には誰も座って無かった」と言った具合でコメントが残されていた。それからはもうネットは大炎上。今までにない盛り上がりで、いよいよ「胡散臭い」から丸で「犯罪者」の様に面白おかしく、彼女の事を色々言ってた。

それが効いたのか、その後、彼女がブログを書き綴った内容を確認することは、私からは出来なかった。

彼女のブログを読む限り、最初の方は、商社マンの旦那さん?や商社マンの実態に、泣きを見て(多分良い様にされちゃったんだろう)悔しさを書き綴っていた内容だった。次第に、その現実を受け止められないのか、何故か幸せな夫婦生活の様子が書かれていた。精神的DV?とも思ったけれど。。。ちょっと違うみたい。建設的な相思相愛な夫婦の日常生活(マウンティング的な)が綴られていて、そこからは上記の通り。

地方出身のバビロンまつこは虚勢を張って、せめてネットの世界だけでは自分が優越感に浸る事が出来る世界を作ってた。それは同じく地方出身者のよっこのエア日記でもおなじだとは思うけれど、バビロンまつこはネットだけじゃなくて現実でも富裕層に成り上がりたがっていた。それも法に触れる詐欺行為をしてまで。

よっこは当時、30後半から40代と思われていた。一方バビロンまつこは20代後半。そこそこの顔面スペックもある。頭の回転も速かった。そこが二人の違いだろうなあ。なまじ、よっこが若ければ、きっとバビロンまつこのように、間違いを犯していた可能性も無きにしも非ず。

私は当時、進路に悩む青臭い奴だったけど、大人になっても、こじれるところまで拗れて、夢はあれど自立できない、気の毒と言う言葉では片づけられない大人も居るんだな、と怖くなった。

私の知人で、法に触れる様な詐欺はしていないけど、バビロンまつこの様に東京で、いや、世界で一旗あげるべく、色々な男性にお金を引き出させて、身の丈に合わない生活を楽しんでいる子がいる。彼女はとある業界の経営者になる事をもくろんでいて、経費も男性から色々せしめて、海外で研修という名の恋人探しに躍起だ。今、上海?にいるんだっけな…。中国人の男の子でパイロットをしている子と付き合っているみたい。

上手くやってる子は、やってるんだろうけれど、不安定な手段だし、結局は相当なストレスフルだと思う。だから、マウンティングも盛んだし、執拗に他に利用価値のあるハイスペックな友人を嗅ぎまわっている。

バビロンまつこや、よっこのように、そういう邪な事をしている度合いで、いつかは罰が当たるんじゃないかな、と思う。

社畜の遠吠えだけれどもさ。