読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

LOSA_ERIKAの日記

芸能界隈を素人が視た雑感を勝手に書き綴る内容。

SMAPのカラクリを何故、世間は知り得たの?ジャニーズ事務所が怖いファンたちのイジメの心理

SMAPに対する悶々とする思いは皆が既に書き綴っていると思うので、私は別方向から書いてみたいと思う。

そもそも、ジャニーズ事務所の派閥争いを知らなかったら、私達一般市民(世間)は、SMAPに対して同情や激励と言った形では無くて、突然の解散情報に「不仲説」「ギャラ問題」などと言った下衆な憶測が働いたと思う。要は見当違いなデマがデマを呼び阿鼻叫喚な悲鳴の渦に満ち溢れた世間になっていただろうと思う。

そうならなかったのは、長年ジャニーズのファンの方々の間では常識だった?ジャニーズ事務所内の派閥争いが、世間一般にも知れ渡った事から、我々は、SMAP謝罪会見を「酷い」「可哀想」等と言った同情や激励するスタンスで受け取れた事と思う。

でも、もっと根本的な事に私は疑問を抱いている。

そもそもジャニーズ事務所内の派閥争いを何故ファンが知ってるの?

どこからその情報がファンに漏洩した?という事。そしてそれがほぼほぼ正しい情報で知れ渡っていて、特にジャニーズ事務所は対処もせず、そのまま放置。老舗事務所で大物アイドルたちを包括していて安パイだからファン離れもせず胡坐をかいても痛くも無いからか?

ジャニーズ事務所に苦しめられているアイドルを見過ごせるファンたち

なぜそこまでアイドルたちを苦しめてきているジャニーズ事務所を、ファンはそのまま「派閥(しがらみが合ってアイドル達が可哀想)の話は常識」として特に何もせずにいられたのだろう。ファンなのに。

SMAPがここまで大事になって、ファンを超えて一般世間がツイッターやらFBやらで声を荒げて当人たちの心理状況を気遣い現状把握をして色々なツールジャニーズ事務所批判をしている。ファンでもないのに。

トップアイドルが、まさかブラック企業社畜、過労、激務にあえぐ自分達サラリーマン、サラリーマン女性達自身と重なる境遇だったとは、と激しい共感を覚えたのかもしれないし、そうした社会問題が背景として世間が動く後押しをしたのかもしれない

世間が動いたことでSMAPの置かれた状況が周知される事となり、間違った解釈でSMAP解散騒ぎをする事もなく今に至っている。

これだけ大きなアイドル解散問題が、これだけ正しく周知されるって、凄い。

大抵は幾通りものある事ない事なバカげた噂話で騒がれる物なのに。そういう時ってファンによる情報は凄いのだけれども。

私はやっぱり、何故、ファンに派閥争いが漏れているのか・対立状況に対する説明対処もしないのか、という事と、ファンは今までしがらみに苦しめられているアイドルたちを見過ごせたのか。

ファンよりも一般世間の方が余程、声の力を持っているじゃないかと思うし、ファンよりも一般世間の方が人権としての情も問題意識もある事が露呈した。

肖る事も無ければ批判してもファンでも無い為に無傷でいられる一般世間というジャニーズ事務所との距離感がなせる業だったのだろうか。

結局、ジャニーズ事務所から会員情報停止やらペナルティ?なるものに対する恐れからの保身じゃないけれど…ファンは自分の快感を優先したいのであってアイドルは人間じゃあないのかもな、ファンにとっては。

人間っておかれた立場によって正直な行動に出るよなあ…。ファンより一般人が実質味方の数として多く、一般人が声にしてSMAPを激励した事実。皮肉な事もあるもんだなあ。長年のファンは、傍観者のままだったのかねえ。干されるのが怖くて言えない芸能人たちみたいに。

一連の報道で感じた事は以上です。